フィッシュマーケットへ行ってきました。

To Simon,Alexis,Sung-tae

 

Thank you for today. I spent really wonderful day. The fish market was very good!  Simon,Alexis, when I going to Switzerland, please guide me! Sung-tae, please E-mail at any time when you come to Japan. I introduce you about Osaka. It was happy today. See you again! 

 

From ryo

今日は早起き。昨日ブログをアップし終わったのが3時過ぎで、起床時刻は9時半くらい。チェックアウトの時刻は11時やからちょうど良かった。サオン君と無料のトーストを2枚食べ、バックパックを整理してスイス人のサイモン君とアレクシィ君(どちらも26歳)と4人で宿を出た。宿を出る際に「バックパックは重いだろうから預けても良いよ^^」とボスが言ってくれたので約30㎏の荷物を駅のロッカーに預けずに済んだ。(お金かかるしな!)

 

サイモン君とアレクシィ君は同部屋のため、日本や韓国、スイスのことは勿論、アジアンガールとヨーロピアンガールの魅力等色々と話した。ヨーロピアンガールの魅力は目の色とナイスバディらしい。(アレクシィ談)ブロンドの女性も好みらしく、結局魅力の価値観は同じみたい。アジアは日本と韓国の女性が好みとうきうきした笑顔で話していた。サイモン君は真面目でそんなキャラじゃなかったからつっこめなかった。2人とも日本へ旅行に来たことがあり、アジアが好きみたい。やはり日本人、中国人、韓国人の顔つきはそれぞれ異なるみたいやね。アジアの歴史にも興味があってサイモン君は京都にも訪れたことがあるみたい。

あと、スイスには4つの言語があって、

黄:ドイツ語(64%)

紫:フランス語(19%)

緑 : イタリア語(8%)

赤 : ロマンシュ語(9%)

があるらしく、いわゆる”スイス語”はないらしい。

やんちゃなアレクシィ君は英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語(少し)の4ヶ国語を話すことができるという。びっくり。サイモン君もフランス語、英語を話せるみたい。それでも2人とも                       凄い良い人で、「英語早くないカイ?」と気を                        遣ってくれ、聞き取れるスピードまで落としてく                       れた。

左がアレクシィ君で、右がサイモン君。2人とも凄い良い人。カタコトの英語に耳を傾けて手助けしてくれたおかげで話も盛り上がった。

で、そうこうしているうちに西面からチャガルチという駅に着き、チャガルチ市場(フィッシュマーケット)へ向かった。

魚市場は日本にもあるけど、行ったことがなかったのでなかなか興味深かった。売り手は魚を裁くのを実演して興味をそそらせたり、大声を出して宣伝したりと売ることに凄い必死で「にいさん買ってって!」と何度も呼び止められた。

 

サオンティくんによると、捕れたてホヤホヤのこのチャガルチ市場で魚介類を買うと、2階の飲食スペースでそのまま焼いて揚げて料理を作ってくれるらしい。それはいい!ということで多少値が張っても秒殺で作ってくれたものは新鮮で美味しいに違いない。サイモン&アレクシィ君もトライするよということでサオンティ君を筆頭に食べたいものを物色した。

なんといってもこのサオンティが自ら進んで交渉してくれるから本当に嬉しい。サオン君以外は韓国語を一言も知らず話せないため、彼はそれを悟って何でもしてくれる。僕らはお金を払うだけ。申し訳ないくらい彼は気遣い上手でこんな良い人おるんやなってくらい良い人。スイスからはるばる来たお二人もお手上げでした。

そして4人で食べたい魚を選んでいざ2階へ!
そして4人で食べたい魚を選んでいざ2階へ!

席に座ってすぐに前菜のようなものが運ばれてきて、それからどんどんと運ばれてきた。

 

 

 

 

 

 

ドン!

ドン!

ドン!

ドン!

ドン!

席に座ってすぐに前菜のようなものが運ばれてきて、それからどんどんと運ばれてきた。


 

 

 

 

 

 

とりあえず乾杯やろってことで!

これ全てで一人15000ウォン(約1050円→痛いけど美味しいからヨシ♬)

どれもなかなかの絶品で、中でもお刺身(ふぐ)はめちゃくちゃ旨かった。ただ鍋はあんなけ量あって7割くらい骨で、そんなん分からんからガブリと頬張ると魚のぶっとい骨が口内に突き刺さった。びっくりしたけど自分の手でひっこ抜いたら何ともなく安心。口の中で骨がぶらぶらしてたのが怖かったね。

 

それより、関西人はよく喋って会話と会話の間を埋めようとするというが、このスイスメンズも負けてない。今日一日で沈黙した瞬間は全くないくらいペラペラペラペラ話してくる。しかも関西人のように話した後の返事はどうでもよいとかじゃなく、返事にも有益なものを求めてくるので、会話に凄い集中せなアカンかった。でも「周囲の気配り」はちゃんとできていて、この2人だけなんか分からんけどとにかく欧米人について興味深くなった。良い意味で周りを意識しないこの変な感じ、よくわからん文化の違いを実感できたような。

このおばちゃん、めっちゃフレンドリーでじゃがいもとコーヒーをサービスしてくれた。帰り際も日本語で「サヨノラ!」と言ってくれた。

 

お腹も満腹になったところで場所を移動し、サイモン&アレクシィ君がお土産としてお箸を購入するためロッテデパートへ向かった。

ここでもサオン君が実力を発揮。頑張ってお土産売り場がどこかを調べてくれ、お目当てのものが見つかったアレクシィ君もこの表情。

よかったねー☆

で、宿に戻って6時の列車に乗るサイモン&アレクシィ君とはお別れ。

時間になったときにそれぞれと握手&ハグをしてお別れの挨拶をした。日本ではちょっとさぶいかもやけど、こういったスキンシップはすごい心が温かくなる。 

 

で、サオン君と僕も7時の鉄道だったので、6時半頃まで宿でゆっくりさせてもらった。(これもサオン君がボスにお願いしてくれたのよー。)

話は変わるけど、韓国の釜山に来たらこの「Blue Backpacers Hotel」に宿泊(ドミトリーをおすすめ!)してほしい。ボスもめちゃくちゃ良い人で、予約しなくてもベッドを貸してくれ、ホテルのルールも丁寧明確にわかりやすく教えてくれた。ドミトリーやと自然と外国人と触れ合う時間も増えるし色んな発見があって面白かった。

 

 

 

そんなことを思いながら釜山駅へGO!

無事、4時間後に釜山駅へ到着。

 

ここでサオンティ君とはお別れ。実は今日泊まらせていただく予定やったのがサオン君に急用が入り、その代わりとソウルの安宿を探して教えてくれた。(俺なんかせいよって思います。)

下の画像ではわかりにくいけど、御礼として日本の文化である折り紙の鶴をプレゼントした。(サオン君の携帯の上に載せてます。)

が!!

なんとサオン君も折ることができるらしい(笑)

てか小学校で習うねんてウケるーーーーーー!!!!!

・・・・・・・・。

ちょっと恥ずい思いをしましたが、サオン様喜んでおられました。

ほんま色々とありがとうございました。日本からも何か送るからね。

ってことで現在の宿に至ります。

ここにも今週金曜日から東京へ4ヶ月にわたって日本の文化を勉強するアメリカ人や(しかも俺が好きなオレンジカウンティ出身)、ノースカロライナ出身の方、日本人の方もいました。安宿は面白いな。

 

旅の一番の醍醐味、それは絶対に「出会い」。お互い一秒でも無意識な計画が狂うと、こうして出会う可能性は消える。たった一日一緒に過ごしただけで、国とか偏見とか文化とかそういう全てのもんを払拭することができる。釜山に行くことが決まったときも、韓国人のこんなに良い人や粋なスイス人と会うとは頭の片隅にもなかったし、こういう偶然がバックパーカーには「よく」あるから面白い!先が楽しみで仕方ないな〜^^/

 

明日は高校時代の友人たち5人組とソウル観光してきまっす!

 

 

<本日の出費>(だいたい)

 

〔交通費〕西面-チャガルチ 154円

〔食費〕 昼ご飯 1050円

〔交通費〕チャガルチ-ロッテホテル前 91円

〔交通費〕ロッテホテル前-西面 70円

〔交通費KTX〕釜山-ソウル 2450円

〔宿泊費〕ソウルの安宿 1260円

〔食費〕 晩ご飯 189円

〔手数料〕銀行引き出し 210円

 

【計5464円】

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                                                       外国人に対する偏見が少しでも払拭された方、クリッククリック♬

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    まこと (水曜日, 24 8月 2011 23:49)

    韓国では快適そうだね
    できたらのりと僕とでどこかで合流できたらいいね!

  • #2

    かつ (木曜日, 25 8月 2011 06:25)

    初めまして!某プールの監視員のバイトをしてます。tsuriboyさんのお母さんと知り合いです・・・!
    1カ国目から楽しそうですね!自由な旅、いいなぁ。。。

  • #3

    tsuriboy (木曜日, 25 8月 2011 08:57)

    >まこと
    おう!
    >かつ
    これはこれは。。母がお世話になっています^^
    これだけ楽しいので次の国が怖いです笑
    まぁ何事も楽しみたいと思います♬