韓国の小学校に行ってきました。(長いです!)

 

 

今日はやることが2つ。

 

 

1つ目は午前中に韓国-中国のフェリーチケットを取得すること。出発は明日の13時、当日予約は受付けしてなくて一日前までしか予約ができない。(土日は休日)

10時にゲストハウスを出て、最寄りのボティゴケ駅から20分くらいでシティホール駅に到着。駅を出てすぐ隣のビルの7階に代理店があって、尋ねるとすんなりチケット取得。ただエコノミー(115000ウォン〔8050円〕)が完売で、ビジネスクラス(130000ウォン〔9100円〕)からしか販売していないとのこと。差額の1050円(中国で1日分!)はかなりもったいないけど、どっかでその分を我慢します。(ToT)

2つ目は、この度のテーマである「一国一学校」という目標を果たすこと。

でも僕はアポなど全く取っていない上に韓国語も話せない。そのため相談したツアー会社の人や韓国人の方、韓国在住の日本人の方も「ほぼ不可能ではないか」という見解。当然と言えば当然。だって全く韓国語を話せない外人(平凡な坊主一般人)を小学校側が受け入れてくれることなんか想像できひんし、まずセキュリティの問題で無理でしょって頭の片隅にありました。でも変な自信があった。

【変な自信について】

海外の子どもたちにとって外人と触れ合える機会はまだ少ない。僕らが小学生の頃も、なぜか近隣国の韓国や中国でなく、遠く離れた英語圏の外人と接する機会は多くあった。それは国際化で英語が必要になったからであり、少数派の外国人とはまず話す機会は無かったに等しい。(参加型ならあったけどね。)それに非日常の出来事は思い出に残りやすく、さらに欲を言えば日本の文化である折り紙を教えてあげることで子どもたちが大人になっても忘れない良い機会になると思うんです。多分どこの国の学校も「文化」について学ぶと思うし、現地人に学ぶことってそうないだろうと思います。(予算的にもね。)だから新鮮な機会を与えて新しい知識や感覚、見識を養うことも可能なんじゃないかねって思ったりもします。

以上、僕の浅はかな意見が変な自信に繋がってます。(だって折り紙2000枚以上もって行ってるんですもの*^^*)

 

そういった自信から朝食のパンをサクっと食べた後に、翻訳サイトで『この学校を見学させてください』といった文章を作成。日本語→韓国語へ翻訳してそれを紙に書いて渡す用意をし、折り紙持参で準備万端☆

 

フェリーチケット取得後、ゲストハウス最寄り駅のボティゴケ駅近くに小学校があるみたいで、一旦帰って情報収集しようと目論んでいたそのとき!

電車を乗り過ごしているのに気づく!あっ!イッテシモタ!

気付いたのはボティゴケ駅の次の駅「漢江ジン駅」。慌てて降りると目の前に地図が!早く帰りたかったし興味無かったけど、よく見ると現在地から400m先に「漢南初等学校Hannam Elementary School」と偶然(コレ奇跡でいいと思う。)にも近くに小学校があった。

これは行くしかないと心に決めて山を越え川を越え10分で到着。

いざ目の前にするとめちゃ緊張する。

「てか無理やろ」と引き返そうか考えたけど、ここまで来たし行くしかないと一か八かに賭け、校門入ってすぐ左隣にある警備員さん専用ミニハウスを尋ねた。警備員さんは韓国語でわーと話されるので日本人のため韓国語を話ない旨を伝え、今朝ハングル語で書いた紙を恐る恐る渡した。予想通り「これは無理じゃないか」といったような表情で眉間に皺を寄せ首を傾げられた。

すると、近くに職員さんと思われる方がおり警備員さんが僕の渡した紙を見せて読み始めた。

"この人に断られたら終了やし、無理言わんととっとと帰るぜ"って全てマイナスに考えが巡っていたが、この職員さんが首から立ち入り許可証のようなカードをぶら下げてくれ、校内に入ることを了承してくれた!!よっしゃ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


見た感じ日本の小学校と変わらない。

おそらく「漢南初等学校」と掲げられている。

・・・・・。

この銅像の意味はわからんけど、伝わってくるものがある。

校内の廊下。この小学校は職員室、教室ともに下足で出入りしている。

 

校内へ入り職員室へ通された。そのあと通して下さった先生と教頭先生が相談中。

職員室の中は日本の小学校のように大部屋にずらっと何台もの机が並んでおらず、教室くらいの大きさの一室に嘱託の机6つが向かい合わせで並んでいた。上座に教頭先生と思われる方の机が一つあった。先生方の机上は8割型大きなPCで埋まっていて、モノを書くスペースは無い。(ほとんどPC作業なんか?!)

そうこうしているうちに英語を話せる女性の先生が登場。ここで僕を職員室まで案内してくれた先生とはお別れ。ありがとうございました。

そして再度女性の先生と教頭先生が相談中。すると女性の方が、

 

女性:"What do you want to do? lesson? just watching in school? you wanna teach anything?(何をしたいですか?授業?ただ校内を見学したいのか、それとも何か教えたいのか。)"

→実はハングル語で書いた紙の内容に折り紙を持ってきたことを書いていたのだ!

 

私:トンデモゴザイマセン!!(ここで引き下がりました。口が裂けても「授業をさせてくれ」とは言えない。)

"I just would like to watch in your school!"(ただ校内を見学させていただければ...)

 

と答えるとその旨を教頭先生に伝えられ、教頭先生は少し考えられて了承していただきました。(本当に、本当にありがとうございます!!)

 

ということで、ここからは女性の方が丁重かつびっくりするほど親切に色々と教えていただきました。

「ここは創立〇〇年で...」

「ここは職員専用のお部屋です。」

「ここは支援を必要とする子どもたちのお部屋です。」

「ここはトイレです。」(見ればわか...)

「ここは駐車場です。」(見れば...)

 

といったように本当に丁寧に教えて下さりました。(韓国の方はなんでこんなに親切なのかしら)

ここは支援を必要とする子どもたちのお部屋です。

みんなすごい上手で、絵に力が入ってました。

ここはカフェテリア。

低学年の子どもたちが給食をこの場所で食べるみたいです。

高学年はというと、

このミニエレベーターでそれぞれの階へ上げるらしい。

日本の公立の小学校でこんなもの見たことないです。

 

実はこちらの女性の方も低学年のクラスを担当されており、夏休みあけの低学年は4限までのため児童はいないとのことで、教室内にも案内していただきました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


教室内の外観は日本と比べると同じように見えますが、細かいところまで凝っています。

例えば、

 

 

 

 

ロッカーにはフタがあったり、

椅子や机も丈夫で背もたれもしっかりしています。

先生の机だってこの通り、PCが 置いてあり、机もお洒落です。

多分先生方は職員室ではなくここでお仕事をするんだと思います。

資料やファイルも整理されていました。

 

 

 

 

 

 

そして、日本の教室と大きく異なる教育環境!

それは黒板!!あと大きなテレビ!!

 

 

 

 


韓国の小学校では黒板でなく白板が使用されているみたいです。

理由はチョークの粉が子どもたちに悪影響を及ぼすからだそう。この白板は閉じることもでき、TVも授業の一環としてよく使用するようです。(大きさが凄い。80インチはある。)

 

 

 

 

 

 

こういった工作は日本でもよく見かけますが、この教室には教室中の壁に貼ってあるのではなくちょこっとあるだけでした。女性の方も「日本の方がもっと凝っているのでは?」と仰られたので返事に困りましたが、日本の工作事情にも感心されていました。

 

遊具はカラフルで見てるだけで楽しくなります。

 

 

以上、韓国の小学校レポートでした!

30分くらいかけて学校内を一通り説明していただきました。授業も見学できましたが、本末転倒になるかなと思い、やめました>< 韓国でここまでできると思ってなかったので大大大満足です!!

最後に職員室の方の皆様に御礼を申し上げて退散。皆さん全員といって過言ではないほど親切で、こんな坊主を快く受け入れて下さったことに心から感謝します。本当にありがとうございました!!

 

印象としては、このブログを見ていただいている方はすでにお気づきだと思いますが、教育環境に細部までお金をかけているということ。その理由も明確で、「全て子どもたちにとって良いもの」を指針とされています。

それに僕が見学させていただいた教室は他の高学年のクラスに比べてまだまだ規模は小さいみたい。その上、この学校の周囲に新しい学校が次々と完成し、その学校に地域の子どもたちが集中しているためこれでもお金はかけていないようです。他の学校はもっと凄いと強調してました。韓国の初等学校は公立と私立の割合が3:1でほとんどが公立のため、ここからも韓国の教育熱が伝わってきます。

以下のサイトに韓国の教育についてわかりやすい説明が載っています。

http://www.konest.com/data/korean_life_detail.html?no=966

 

 

ということで!まずは一カ国目成功!短時間やったけど、勉強になったし有意義な時間を過ごさせてもらった^^ 今度行くときはもっと基本的な語学を勉強して「何がしたいか」「子どもたちにどんな力を得られることが期待されるか」「それによって今後どう活かすことができるか」と具体的に提案したいと思う。構想はバッチリあるし、全て明確。それに指導案も用意してるのでそれも現地語に直して持って行きたいと思います。

こういった「教えたい」という思いが伝われば不可能ではないはず!今後も頑張ります!

 

 

 

 

明日は中国へ向けて出発!いよいよ2カ国目突入!

 

振り返ると韓国人は親切な方がすごく多かった。

たった10日しかおらんかった韓国やけど、短期間でこれだけ親切な人にたびたび出会えることは「偶然」じゃないと思う。

だから行ってもいないのに偏見を持ったり、会話もしていないのに嫌いになるのは自分の可能性を1つ失ってることと同じって知りました。

ではおやすみなさい!

 

 

この度で親切にしてくださった皆様に心から感謝!ホンマにありがとうございます☆

では中国へ行ってきます!!またお会いしましょう☆

Thank you for kind to me by this travel! I leave for China:) See you again!

이 여행으로 나에게 친절하게 해 주어서 고맙다! 나는 중국에 출발합니다! 또 만납시다.

 

                                                        Ryo;) 

本日の出費(だいたい)

〔交通費〕ボティゴケ駅-シティホール駅 70円

〔交通費〕韓国-中国(フェリー) 10367円

〔交通費〕シティホール駅-漢江ジン(←乗り過ごした駅) 70円

〔交通費〕漢江ジン-ボティゴケ駅 70円

〔食費〕昼ご飯 210円

【計10787円】(^3^)実質420円しか使てない(   )/

 

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                                                       「日本の首相がこんなにも変わることは異常としか言いようがない。今そんなんしてる場合か」という意見をお持ちの方はクリック!

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    せんたか (火曜日, 30 8月 2011 17:22)

    なるほど!
    それがこの旅のテーマやったんやな!
    言葉わからんのに飛び込んでいくてスゴイなぁ〜(; ̄O ̄)
    ホンマ尊敬です‼

  • #2

    いぬい (火曜日, 30 8月 2011 18:27)

    俺も外国行った時には必ず小学校に侵入して,一緒に遊んだり授業受けさせてもらったりしてるけど,断られた事なんて一度もないよ~(^-^)/
    釣田君の小学校レポートマジで楽しみにしてます\(^^)/

  • #3

    ゆか (火曜日, 30 8月 2011 21:25)

    本間にすごいー!!韓国の小学校やばいね^^
    中国も楽しんで★

  • #4

    かつ (木曜日, 01 9月 2011 01:49)

    小学校って簡単に入れるんだ・・・有言実行してる。すごっ。
    確か自分が通っていた小学校にはミニエレベーター式の給食運ぶやつがあったような。

  • #5

    tsuriboy (木曜日, 01 9月 2011 02:15)

    >せんたか
    なかなか緊急したけどなぁ(^^)でもめっちゃ良い経験になったわぁ!

    >いぬいくん
    そうなんやぁ!俺も授業見たかった(ーー;)笑 ただ中国は日本人蔑視がまだあるから理屈では通らなさそう( ; ; )ありがとう!頑張って更新します!

    >ゆかちん
    なかなかハイテクで面白かったよ(*^^*) ありがとう! 中国はもはや挫折しそう笑 でも頑張るわ( ´ ▽ ` )ノ

    >かつさん
    僕のところはすごい親切だったので入れたんだと思います(^^) そんな学校に出会えて良かったです! それいいですねー!わざわざ給食室まで取りにいかなくていいですし。。 羨ましい!!