万里の長城の正体(文長い)

 

 

 

万里の長城を初めて知ったのは小学校の社会科の時間。

 

歴史の勉強で万里の長城を紹介してもらった。そのときはあんまり覚えてないけど、記憶に残っているということはそれだけ新鮮で衝撃を受けたんやと思う。

 

中学校の時に世界史に興味を持ち、世界遺産についても少しずつ興味深くなってきたと同時に、海外への憧れもこの頃に生まれた。

 

ただこの頃は海外に行くことなんか不可能やと思ってたし、家族旅行でもあり得ないと確信していて、無意識に海外は視野の外にあった。

 

そして高校時代、人生で生まれ初めての海外旅行が、母校、刀根山高校の修学旅行でオーストラリア行きが決まった。

 

海外には興味はあったし、日本では体感できない経験を色々とさせてもらった。

 

ただ、初めての海外旅行やけど、変わったことは環境と文化だけ。

 

結局学校の遠足となんら変わりなかった。

 

縛りが多く、時間制限もきっちり決められている。

 

自由時間はあったけど、それは管理された俯瞰された自由であって、本当の自由ではない。

 

だから、僕自身は心の底から楽しめた時間は少しだけ。

(現地の高校生と交流できたことはこの上ないくらい嬉しかったし、楽しかった。)

 

そうした束縛された時間から解放された。

 

大学生活ではむしろ自由すぎて、研究やバイト、サークルなどで無理矢理自分を楽しませることや時間を潰すことで精一杯になる。

 

それは自分の可能性を少しづつ失うきっかけにもなった。

 

ある年末年始、勝尾寺という大阪府箕面市にある大きなお寺でのアルバイトが決まった。

そこで出会ったカズという男。彼はバックパッカーの魅力を、より魅力的に語ってくれた。

 

そこで自分は長年見失っていた何かをようやく見つけたような発見があった。

 

これが大学3年生の真冬。

 

自分は教員採用試験を受けず、世界一周をすることに決めた。

 

そして今、世界一周をしている。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完璧にキマったところで、今日は3人で万里の頂上へ。

 

今日は7時起き。

日本人のヒロくん、タイシくんと3人で万里の長城へ行くことになり、8時に1階の共同スペースで待ち合わせをした。

 

やけど、昨日3人とイングランドから家族で来られた4人の皆さんで夜深くまで盛り上がり、結局眠りについたのは午前3時半。

 

起きれるか心配ではあったけど、無事起床。


タイシ君も起床。


ヒロ君はまだ寝ている。

 

タイシ君がヒロ君を起こしにいってくれ、なんとか8時半に宿を出ることができた。

 

近くのスーパーで朝食を買い電車で3つ目の駅で降りる。


すると、前方に見たことのある後ろ姿が!

 

 

 

 

 

 

チョウさんまたiPadさわってる!!

 

ってことで一緒に行くことになり、ガイドはチョウさんにしてもらった。

 

電車を降りたらそこからはバスで移動。1人12元(144円)で1時間半かけて現地まで行くことができる。


 

ここでも並ぶことを知らない中国人たち。

 

嫌んなってしまいます。(今回はこのバスではないから良かった♬)

 

昨日寝ていない分3人とも移動時間は爆。

 

目が覚めたときには、バスの窓から見える長城への階段がうねうねと龍のごとく続いていた。

 

そして到着。


 

これが万里の長城か。

 

教科書で見たときよりも勾配が急な坂で、造りもしっかりとしている。

 

そしてとにかく長い。

 

でかい。

 

この道はどこまで続くんだといいった感じ。

 

入り口からゴールまでの距離を眺めると、ぞっとする。

 

 

今回僕らが登るものは、「八達嶺長城(はったつれいちょうじょう)」という、いわゆる“万里の長城”。


でも明確には、万里の長城は北京北部を東から西へと全長約6000kmもある。

 

つまり、ここは万里の長城の一部であり、全長3700m。

 

万里の長城を訪れる観光客は北京からの交通便も良く、ツアーでも皆ここに行くと思う。

 

1987年に世界遺産に登録され20年以上経つ。

 

ただ壮大で長くて、深い歴史があるだけでは終わらないこの万里の長城。

 

上質の材料が使用されているので、長城の芯かでも最も美しいという「芸術作品」とも評価されている。

 

 

入口からのルートはふたつ。


一つは『女坂』と呼ばれる、北側の山沿いに緩やかに延びるルートであり、多くの人が折り返す4つ目の城楼まで往復約40分。


 もう一つは『男坂』。南側の山沿いに続く傾斜のきついルートであり、往復1時間30分ほど所用する。

 

ちなみに僕らは11時過ぎにいざテッペンを目指してスタート。出たのは2時半。計3時間半を要した。


 

入り口をぬけて少し進むと、2つの左右の道がある。

 

どちらも坂がキツく、距離は左右1:2くらいで両方とも結構な距離がある。

 

普通ならばどちらか一本を進むんやろうけど、僕らはどちらも行くことに。

 

つまり、男坂を上ったあとに引き返し、さらに女坂を上るという強行スケジュール。

 

 

まずは男坂。これが相当きつい。ここからは全て画像のみで^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男坂をようやく登り終え、次は女坂の頂上まで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行くか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の壁までもう少し!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくしんどかった。

 

でもテッペンから万里の長城を一望できる快感は登るしかできない!

 

90度近い階段でスロープから手が滑り、体が一転してしまえばそれはもう僕だけでなく、後ろに連なる観光客の方々も、ましてや杖をつきながら登るお年寄りの方々は、最悪な事態になる。

 

そんなことを考えるとぞっとした。

 

階段も僕のような足の短い人間には造られてない。

 

次の段に足を上げるだけで息が荒くなる。

 

それが何mと続く。

 

それでも、僕より年を召しているチョウさんや、僕の年齢かける3倍くらいの年齢の方々も頑張って一生懸命登って行く。

 

それに負けじと息を切らしながら駆け上がって行った。

 

そうして着いた頂上は、言葉では言い表せん感動があった。

 

中国で色々とあったけど、中国来てよかったって思える瞬間でもある。


 

 

 

 

 

帰りはロープウェイ使いたかったなぁ。

 

で、元きた道を戻ってバス停へ。

 

帰りの気持ちのよい風がすごい贅沢やった。

 

みんな達成感と充実感に満ち満ちて、帰りは余韻に浸っていました。

 

明日からの筋肉痛が怖いけど、ホンマ行ってよかった〜!

 

同時に、二度とはのぼらんかな笑

 

 

 

そして今日はタイシ君が帰る日。

 

タイシ君は本当に気遣い上手で、優しくて、よくおごってくれた。

 

今日もバス停から最寄り駅までの交通費も出してくれた。

 

旅のことや結婚願望まで色々と語ったネ。

 

明日からはマレーシアへ飛ぶそう。

 

マレーシアで色々と勉強して、すごい論文書いて、研究して、頑張ってほしい。

 

同い年でこんだけ頑張ってるタイシ君。

 

これからも応援してます^^

 

 

本日の出費(だいたい)

〔食費〕朝ご飯 120円

〔食費〕晩ご飯 120円

〔食費〕水とコーラ 180円

〔食費〕お菓子 72円

〔観光〕万里の長城 540円

〔交通費〕最寄り〜バス停まで(電車) 24円

〔交通費〕〜万里の長城(バス) 144円

〔交通費〕万里の長城〜バス停(バス) 144円

〔交通費〕バス停〜最寄り駅(おごってもらった☆) 0円

【計1460円】(・へ・)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                                                       「完全にキマっていた」ことを認める人はクリック!

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    ともみ (金曜日, 09 9月 2011 14:57)

    中国の授業とってた時に万里の長城の話でたー!
    本間に坂キツイんやなって改めてわかったよ><
    けど諦めないで頑張って登ったら快感なんやな(^O^)
    お疲れさまーーー

  • #2

    tsuriboy (金曜日, 09 9月 2011 16:26)

    >トミー
    ホンマきつかったけどめっちゃ楽しかったよー!是非行くべき!
    てかトミー留学するん?!マジ頑張ってねー(*^^*)

  • #3

    ともみ (金曜日, 09 9月 2011 16:54)

    先生も言ってた!
    ランニングする人もおるらしいね><
    うん、9月23日から12月19日の3ヶ月
    オーストラリアへ行ってきます♪
    言ってなかったっけ??

    あと、Skypeしたからまたみてちょ!
    ゆいちゃんから釣ちゃんの送ってもらった☆

  • #4

    tsuriboy (金曜日, 09 9月 2011 17:11)

    >トミー
    昨日さいとぅから聞いたわぁ(^^)
    Twitterがまた使われへんようになったから知らんかってん!
    Skypeの件了解☆
    確かアレ6人くらいまで同時にチャットできるから、とりひめメンバーでやりたいなぁ( ´ ▽ ` )ノ
    オーストラリア羨ましい!!
    英語ペラペラになってまた俺に教えてくれー!!笑
    応援してます☆

  • #5

    ともみ (土曜日, 10 9月 2011 00:53)

    釣ちゃんさ、FB2つあるん?
    英語のRyo Tsuritaと漢字のやつと。
    よくわからんのやけど><
    とりひめメンバーでやりたい、やりたい!
    オーストラリア行く用意全然してないねん。
    親に怒られっぱなしです。泣
    釣ちゃんが英語ぺらぺらなるでしょ♪
    ありがとう、私も頑張ります!