カンボジアの日本人補習校へ行かせていただきました☆

 

さて!待ちに待った日本人補習校の当日!今日は授業見学をさせていただけるということで、朝からすごく興奮しております!!!

 

 

9時半にシュウヘイ君と学校前へ集合。ここからは撮影禁止のため一切カメラには残していないけど、脳内記録はバッチリバッチリ!

 

まず案内されたのが職員室。こじんまりとした部屋に校長先生、職員の方々がおられ、自己紹介と挨拶をする。この職員室の中にさらにドアがあって、そこは中学生の部屋。今日来ていた中学生は4人ほど。

ここに集まる小中学生は、平日はインターナショナルスクールへ通い、土曜日はここで授業を受ける。そのため日本語よりも英語の方が上手な子もいて、僕が見学させていただいた3年生の女の子は英語がペラペラ。もうすでに完敗。

シュウヘイ君は2年生のクラスに入り、僕は3年生の算数の授業に授業支援として入らせていただいた。3年生は全員で4人、男の子2人、女の子2人。チャイムが鳴ったあとに号令をし、授業が始まる。でも一人の男の子が立ったり歩いたりと落ち着きの無い様子が見られ、先生も少し苦労していた。まず計算プリントを2枚終わらせ、その後は与えられたパズルを使用して、木や動物など色んな形を作る頭を使った問題に挑戦していました。このパズルは大人でも難しいもので、子どもたちは四苦八苦しながら考えていた。(ちなみに僕も一生懸命考えました、が。。)

僕は基本的に分からなさそうにしている子の隣で一緒に考えていて、特にパズルではヒントの出し方が難しいなぁと。まず答えを教えたら絶対ダメやし、置く位置を考えさせるフレーズが全然思いつかんかった。結局いくつかのピースを固定させるとかそんな方法で答えに導かせた。これでいいのかわからんけど、「わかった!そういうことか!」とスッキリした瞬間の子どもの顔はもうたまりませんね。疲れが吹っ飛ぶぜ!

あっという間に1時間終了。本当に早くて、もう休み時間。この時間はクラスの女の子とお話をしていました。まだ9歳の子やけど、言葉の節々に「〜させてもらう」「〜させていただく」という敬語が出てきて、丁寧に言葉を使うところなど僕自身勉強させてもらいました(笑) 僕が9歳の頃は、どうやったらミュウを捕まえることができるかみたいなそんなことしか考えてなかった!

立派な立派な大人になってほしいなぁ。

 

そして休み時間が終わると今度地域のお祭りで披露するソーラン節の練習を一緒にした。1年生から中学生まで一緒に練習。中学生は恥ずかしがりやなのか、友だちとチョコマカしてて少し目に付いたけど、小学生は覚えようと必死!みんな頑張ってて、踊りもすんごい上手やったなぁ。

 

で、今日の訪問は終了。午前だけやったから時間は短かったけど、スゴい貴重な経験をさせてもらったし、なにより日本語を話す子どもたちと触れ合えただけでも満足☆

校長先生はじめ職員の皆様、玉野井さん、そして今日出会った子どもたち全てに感謝!ありがとうございました!!!

 

 

そして玉野井さん、シュウヘイ君と近くの屋台でお昼ご飯を食べ、僕とシュウヘイ君はオリンピックスタジアムでサッカーをしにいくことに。

 

 

途中で見つけたこのポスター。少し見づらいですが、なんのポスターかお分かりでしょうか?(ヒント:学校によく貼ってある)ちょっと考えてみてくださいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこれ、人身売買禁止のポスターみたいね。シュウヘイ君に教えてもらってやっとわかった。

①まず一番下の吹き出し:子どもを売って下さいという買い手。

②その上の吹き出し:娘と息子を売る手続きをとっている親。

③その右上の吹き出し:娘を襲うオーナー。(なにしとんねんボケ!)

④右隣の吹き出し:違法賃金で息子に重労働をさせている現場。

 

「この全てに関わる買い手、オーナー、家族をも全て逮捕します。」という啓発ポスターが、学校に貼られているというこの現実。

カンボジアの現実は非常識かもしれんけど、「お金」という価値観で言えば一部の日本人は絶対に理解できひんねやと思う。

 

海外に来て思ったのは、「お金」の価値観は途上国にとって壮大なものなんやろうなぁと思う。強盗、恐喝、盗難は日常茶飯事であると言われているけど、犯罪を犯す側はそれで裕福に過ごすことができるとは思えないし、おそらく自分の生活を賄うのが精一杯と思う。「そうでもしないと稼げない」という習慣がカンボジアや他の途上国にはあるんやろ。だから平気で人を騙すし、観光客には容赦ない金額を提示したりする。でもそれはその人の人間性の問題じゃなくて、そうせざるを得ない環境を作っている国の過程に問題がある。だから、「裕福=人間性=国民性」という式は成り立つんかなぁと思ったりもする。人が悪いんじゃなく、環境の問題。これは日本でも言えることで、非行に走る少年自体が悪いんじゃなくて、これも家庭などの環境の問題。そういう意味でも、ある程度の裕福さは一個人を成長させる上で不可欠なんかね。。

 

 

オリンピックスタジアムへ到着!ここは一度もオリンピックを開催したことがないのにオリンピックスタジアムって言うんやって。結構ムリヤリ!

 

観客席にも無料で入ることができる。

 

 

スタジアム内を俯瞰できる場所に座って、1時間以上シュウヘイ君と教育について討論してた。「死」については盛り上がったなぁ。シュウヘイ君と僕はとことん意見が合いません。たとえスティーブ・ジョブズの話であっても反論してくる。でもこれがホンマに至福のときっていうか、めっちゃ刺激を貰える。共感がずっと続く会話なんか面白くないし、反論して討論する会話は刺激の塊で、自分の脳や考え方を柔軟にしてくれる。この場所でずっと議論し合ってたかったけど、なんせ太陽が照りつけて、カンボジア人でさえ日陰に避難するのに僕ら二人は1時間以上も太陽の下で話し合っていたという。笑

で、フットサルをしたいということでスタジアム周辺を散策!

 

 

発見!

 

よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テ!!!!!!!

 

ってことで親切な方々と一緒にフットサルをすることに!僕らが入ってちょうど10人で、約30分間混ぜてもらった。

僕は旅に行く前から友人とフットサルをちょこちょこしてたから全然大丈夫やったけど、シュウヘイ君はスポーツを全くしないみたいでヘトヘトやったみたい。フットサルって短時間でめちゃくちゃ体力使うから、よく耐えたと思うよシュウヘイ君。(へん♪)

 

で、もうスタジアムはいいやということでマンションへ帰宅。

 

 

今日は富田さんが晩ご飯を作ってくれました^^

カンボジアに来て毎晩こんな豪華なご飯でいいのかと思うけど、本当に本当に美味しくいただきました。この超健康的なメニューも、おそらく1年後にしか・・・。泣けてくるぜ。。

 

 

そしてお二方とご一緒に撮影!

一番左のお方が今日晩御飯をご馳走してくれた富田さん、一番右の方が部屋を貸していただき、毎日美味しいご飯を作ってくれる玉野井さん。

明日の7時半のバスでシェムリアップへ行くので、今晩で4人が顔を合わせることはもうない。

 

この4日、毎日が本当に楽しくて、充実してて、教育の話ができて、綺麗なお部屋で寝ることができて、朝起きるとめちゃくちゃ美味しい朝ごはんが並んでて、帰ると温かい晩御飯ができてて・・・

家族のように毎日よくしてもらい、一緒に過ごしていただきました。

明日から帰る場所がココじゃないのかと思うとホンマ寂しいし、家じゃなく、玉野井さんや富田さん、反抗期なシュウヘイ君と会えなくなるのが僕にとって大きな穴。シュウヘイ君とはベトナムからほぼ毎日一緒にいるわけで、慣れてきた生活の一部がまた消えていく。

旅で出会う人って、僕みたいに長期の人はあんまりいないから皆日本へ帰ってしまう。それで数日いるって聞いた時はテンション上がって数日一緒に過ごすんやけど、でも数日後は帰っちゃう。そのあとの孤独感ったらすごいもんで、一人旅やのに大きな穴ができるんです。

玉野井さんにはお忙しい中、毎晩何時間も教育のお話を聞かせてもらって、すごい勉強になったし、このご恩は絶対に忘れないし、絶対にいつか恩返しをする。絶対。もし玉野井さんがこのブログを見ていたら、僕は有言実行する人間であることを必ず証明します!!笑

本当に、本当に、本当にありがとうございました!!!

一生忘れません。

本当にありがとうございました。言葉や感情では言い表せないほど、感謝しています。

 

さて!明日はカンボジアの首都シェムリアップへいざ☆

 

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                                                        「うん、お世話になりすぎな」って心の底で思ってる方はクリックしたあとにちょっとこ

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    sho (土曜日, 15 10月 2011 18:39)


    HomeTシャツ俺の

  • #2

    tsuriboy (土曜日, 15 10月 2011 20:42)

    >しょう
    もう匂いがハンパないわ

  • #3

    ももこ (月曜日, 17 10月 2011 09:44)

    ふたご、仲良しか( ̄ー ̄)w

  • #4

    tsuriboy (月曜日, 17 10月 2011 14:45)

    >ももち
    残念ながら仲はそんなに・・・笑