小学校で授業を!withパット&ティンカ!(前編)

 

今日は小学校を探しますの日!

昨日ティンカと一緒に遊んでくれたお礼にと、ティンカのお母さんのパットさんが朝ご飯をこしらえてくれた☆

 

 

パットさんのご家族はキリスト教徒。だからポークやチキンは一切食べず、ベジタリアン。

トムヤムクン、マッシュルームの和え物、豆腐、トマト、小豆ご飯。全部僕の大好きなお肉は入っていないけど、めちゃくちゃウマい!!ご飯やスープも3杯くらいおかわりしてしまった(^3^)

 

そしてご飯を食べたらいざチェンマイ市内の小学校へ!パットさんとティンカも着いて行きたいということで、一緒に小学校を探すことに!それにパットさんが小学校側に通訳してくれるらしい!これはかなりの自信になる^^

 

 

ティンカはこの風船がお気に入りで、自分の子どものように扱っていた。

お母さんいわく、ティンカは学校へ行ってないから友だちも少ないみたい。だから物である風船でも僕と同じ「人」のように大切にする。(でもこの日の帰り道に可愛がりすぎて3つも割ってたけど)

 

 

 

 

 

 

ティンカとお母さん。本当に仲良し^^

 

 

 

何もかも全てティンカ母が通訳や学校を探すところまでやってくれた。

この人は絶対に騙す人じゃない。目と話し方、雰囲気でわかる。

てかこの人サンドウィッチ食べながら話すのやめっ!  

 

そして小学校へ到着!

サンドウィッチ姉さんに小学校の立地を教えてらい、宿からすぐそこの距離にあった。

ここでパットさんが校長先生と色々と交渉してくれ、昨日作った折り紙を校長先生に見せ、僕が教員になりたいことや免許を持っていること、指導経験のあること、折り紙を教えたいこと等を熱心に話してくれた。

でも結局ダメで、やっぱりココも推薦状が必要みたい。パットさんが無理なら僕一人ならもっと無理やったやろうし、すぐに諦めがついた。他を当たることに。

てかパットさんホンマ親切。

無理でも「他行きましょっ!」って嫌な顔一つせずに人に道を尋ねたり、学校を探したりしてくれた。

 

 

 

 

 

移動中もずっと3人で話したり、ふざけたり、風船の取り合いしたり、ホンマ幸せやった^^

 

そしてまた少し歩くと2校目の小学校発見!!

 

 

結構立派な小学校。まずこれがタイでは普通やろうけど、ベトナム、カンボジア、ラオスの僕が行った小学校はもっとシンプルやった。でもここは運動場はないにしてもサッカーコートがあったり、ちょっとした遊び場がある。それに砂道がなくて全てコンクリート仕様。

タイのチェンマイでも他の3国と同様、子どもたちは制服を義務付けられてるみたい。この学校指定の制服は日本のボーイスカウトみたいな感じで可愛い^^男の子はベージュ、女の子はグリーンの上下に男女ともにピンクのリボンのようなネクタイを付けている^^

 

 

 

 

そしてココで芸能人を発見!!

 

ななな、、、なんと!こここれは安田大サーカスのヒロくんじゃありませんか!!!!日本のテレビを見てなかったから全然知らんかったけど、ヒロくんってチェンマイの小学校にいたんや!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒロくんっ!!!!!!!!!!!!(170くらいある(笑))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生がなかなか来られないので、ティンカと遊んでました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティンカが撮影したもの。子どもやからってなめたらあかんね。上手に撮れてます!子どもの視点は面白い☆

 

 

そして数十分後に先生が来られ、パットさんが全て交渉してくれた。

そしたら、「良いですよ^^1時間差し上げますので、子どもたちに教えてあげて下さい^^9歳の子どもたちです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

念願の海外初授業!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

まさか教えることができるとは思ってなかったから、以前考えていた授業構想が真っ白に!!

それに髭や服装も最悪最低!!(帰宅後剃りました遅い!)

 

 

まず部屋へ入ると先生が僕のことを紹介してくれ、そのあとに自己紹介をした。パットさんに教えてもらったタイ語で自己紹介をするけど、緊張しまくりで噛みまくり。もう最悪。それでもパットさんが補助してくれ、なんとか通じた>< ここから慣れない英語に切り替えて授業開始。ここも英語からタイ語にパットお姉さんが通訳してくれた。

 

 

導入はiPadを使用し、折り紙で折った完成形を見せる。花、動物、飛行機、魚、人、一枚の折り紙で沢山作れるんだよってことを説明。

 

以下ざっと今回の指導案。(のはずやったけど準備不足だらけ)

  学習活動 注意事項(・注意/☆評価)

 

10分

 

 

知る

 

①まずは自己紹介。

②日本の文化である「折り紙」を皆に体験もらうことをに説明する。正方形の一枚の紙で沢山の種類を折ることが出来ることを提示し、興味を持たせる。

③今日はライオンと紙飛行機を作ってもらうことを説明する。両方、完成形を先ず見せる。

④折り紙を配る。

 

【予想される児童の反応】

・一枚の紙から動物や魚、飛行機などたくん作ることが出来るんだ。

・○○を作ってみたい。

・折り紙ってたくさんの色があるんだな。

・1枚の紙からライオンを作るにはどうすれば良いのだろう。

・表はツルツルで、裏はザラザラなんだな。

 

 

急な時間割変更な上、名前も知らない外国人が授業をすることになる。そのため、児童は動揺して授業についてくることができない可能性があるため、説明を進めることよりもクラスの雰囲気を良くすることを最優先する。

また、言葉が通じないため、ゆっくり、わかりやすいジェスチャーを加えて説明する。

 

・説明時は視覚教材のiPadを使用。

・ほしい色をそれぞれ1枚ずつ配る。(迅速に配ることができるよう事前に折り紙の色分けを行う。)

・折り紙が全員にわたっているかどうか最後まで確認する。

 

☆先生の話を聞くことができる。

 

30分

 

 

作る


〔ライオン・紙飛行機〕

①先生(ここは敢えてこう呼ぶ^^)に従って折る。

②ライオンでハサミを使用する。

③ライオンが出来たら、ペン(色は自由)で模様や名前、絵を描かせる。

 

【予想される児童の反応】

・端同士を合わせると綺麗に折ることができるぞ。

・少しずつライオンに見えてきた。

・折り方がわからない。

・自分だけのものができたぞ。

・角を綺麗に折ると、完成形も綺麗に仕上がるぞ。

 

 

・机間指導を徹底する。(子どもが折っている際に巡回して折り方でつまずいてる子がいないかを確認する。)

・事前に数本のハサミを用意する。

・説明は児童がついてこれるようゆっくり、一番遅い子に合わせて展開する。

・わからず困っている子の側に援助する。(最後まで教えず、「気付き」を重視する。)

・ハサミ、ペンが無い子には他の子に借りるよう指示する。

 

☆ハサミを隣や前後の友だちと共有できる。

☆先生の話を聞くことができる。

☆最後まで折ることができる。

 

10分

 

 

まとめる

 

①紙飛行機の飛ばし方を説明する。

②今日のお礼を言う。

③記念撮影。

 

【予想される児童の反応】

・最後まで折ることができた。

・こうすれば紙飛行機をきれいに飛ばせるんだな。

・折り紙は飾るだけじゃなく飛ばして遊ぶこともできるんだな。

・早く紙飛行機を飛ばしたい。

・日本の文化を知ることができた。

 

 

・全員が完成形までたどりついているか再確認する。

 

☆ライオン、紙飛行機ともに折ることができる。

☆先生の話を聞くことができる。

☆ライオンを作る際に出たゴミをきちんと始末できる。

 

【目標】

◎日本の文化である「折り紙」について知る。

◎ライオン、紙飛行機ともに最後まで折ることができる。

◎工作時に色ペンやハサミ等他の子どもたちと一緒に共有することができる。

◎先生の話を最後まで静かに聞くことができる。

 

【反省】

・折り紙の色分けをしていなかったため、導入の3分が無駄になった。

・ライオンの完成形をiPadで見せるのではなく折ったものを見せるべきだった。

・折り方を前で披露していたとき、後ろの席の子や自分の真後ろにした子どもが見えていなかった可能性がある。

 

※タイの文化や習慣を尊重し、学校の教育方針に従って授業をする。「日本の常識」を取り入れすぎないように心がける。


 

ティンカも一緒に折ったね^^

 

 

ライオンを作る途中段階。(写真はパットさんが撮影してくれた。)

 

 

ひとつ折るのにすごく丁寧に、真剣に、一生懸命折ってくれた。

その上から何でも書いて良いよって言うと、笑顔が生まれ始めた。紙の色は違うけど、表情は同じ。でもそこで自分色にペンで名前や絵を付け足すと、自分だけの個性的な作品に仕上がる。おそらくそれが嬉しいんやと思う。ライオンを作り終え、まだ時間があったから紙飛行機を作ろうと提案し、実際に作ったものを飛ばして披露すると、自分が飛ばしたかのように笑ってくれ、早く作りたいという顔をしてくれた。出来上がると子どもたちの表情はさらに明るくなり、「教室内では飛ばさないように」って言ったので実際に飛ばしている様子を伺えなかったのが残念やけど、早く飛ばしたい!という気持ちが顔に表れていた。

 

 

日本の子どもたちとおんなじ。文化、習慣違えど一生懸命になった時の顔は同じ。

 

 

ライオンも、紙飛行機も、大切そうに自分のものとして扱ってくれ、それだけでめちゃくちゃ嬉しかった。タイの小学校全てかはわからんけど、少なくともこの小学校のこのクラスの子どもたちは折り紙についてそこまで知らなかった。紙飛行機の折り方くらいは知っているのかなと思ったけど、前で黒板に貼り付けて教えているときはみんな見ながら一緒に折っていたから、多分知らない。子どもたちにとって初体験。日本という国の文化を体験した1時間。楽しかった、つまらなかった、どのように思っているのかはわからんけど、それでも子どもたちの思い出には残ったんじゃないかと思う。

 

「一枚の紙で動物と飛行機を折ることが出来る」

 

そういう「可能性」に気付いてくれたら最高に嬉しいけど、それは少し難しいかも。

 

今回は自分の中で初授業やけど、思い上がらずに大切なことを忘れないよう心がけた。たとえ外国人であっても教える時は絶対に大人が主役になってはダメで、子ども一人一人に主役になってもらって、どうせなら思い出や自分のものとして何か形に残してほしい。それに最適なのが折り紙!

今後もどうせ行くなら子どもに喜んでもらえるような授業がしたい!!次はどんな授業をしてやろうか楽しみで仕方がない!!

 

 

最初は謎の外国人登場でビックリしてひきつっていた子どもたちの表情も少しずつ和らぎ、途中からは「エーンド(そして)」「エーーーーーンド!」って一緒になって言ってくれた。その時は爆笑してる子どももいたし、教室の雰囲気は最高!言語関係なしに身振り手振りで凄く伝わるし、笑ってくれた。言葉は話せないけど、キレイゴトを抜きにして、心でで話し、それを読み取ってくれ、会話できたような気がする。

 

 

たくさんの色のペンを使って表情豊かなライオンを作ってくれました^^

 

 

ライオンとはもうこんなにも仲良くなっています^^

 

 

そして最後は皆で記念撮影☆僕の左にいる方が、理科をお持ちになっている先生。僕のために今日の予定を変更して時間を作っていただきました。本当にありがとうございました。

一生ものの経験をさせてくださった先生を初め、つまらない授業に付き合ってくれた子どもたち、パットさん(感謝感激☆)、色々援助してくれたティンカに心から感謝。

 

一瞬やった1時間、学校を出た後は本当に授業をしたのか信じられずに呆然としていた。でも撮った写真を見返すとアレはほんまやったんやと、もう顔が溶けそうなくらいニヤケついていた。

思い返すと反省点ばかりやけど、こうして初めて海外で教えることができて、ホンマに嬉しい。特に日本の文化である折り紙を、タイという文化や習慣が全く違う異国で一緒に子どもたちと作ることができたのは、子どもたちにとっても思い出になったんじゃないかと思う。それを機に日本や海外について少しでも興味を持ってもらえれば最高に嬉しいなぁ。

そしてこれをまた自分がもった児童に話してあげることで、日本と他国の文化の違いも知ることができるし。今はこうして一杯経験を積んで、未来に出会うであろう子どもたちに全てを還元したい^^

 

 

頑張ったあとの一杯は気持ちいいね!ティンカも色々とサポートしてくれて、凄く助かったよ^^

 

 

お母さんはネットでのお仕事があるみたいで、数十分離れたからその間もずっとティンカと遊んでた^^

 

 

この後割れます。

 

はじけるティンカ!めちゃかわいい!

 

 

 

 

 

 

イェイ!!

 

上2枚はティンカが撮影☆

 

 

朝から行動しっぱなしだったのでお昼ご飯に^^宿の近くの公園で食べた。こうして風が吹く中、ピクニック気分で食べるのも良いね♪(たまには)

 

 

昼食後、これから鳩さんと遊びます^^長くなるし後編にて☆

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                                                       「授業ができて良かったね」と思う方はクリックで祝福してみます?

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    じゃべ (火曜日, 08 11月 2011 02:18)

    初授業おめでとう!!
    子供達もめっちゃ楽しそうにしてるやん(*^_^*)

    この調子で頑張れー!

  • #2

    tsuriboy (火曜日, 08 11月 2011 02:30)

    >長いことブログを放置しているJAB
    ありがとう!!俺もめっちゃ楽しかった☆みんな喜んでくれてホンマよかったわぁ^^
    この調子で次のインド、ネパールも頑張るわっ!ジャべも最近調子良いみたいやし、俺が帰ってくるまでに彼女紹介しろよ♪ またviberしよ!

  • #3

    北海道のやんちゃボーイ (火曜日, 08 11月 2011 22:51)

    一言だけ言わせてもらいます。



    最高!亮くん!最高!

  • #4

    tsuriboy (水曜日, 09 11月 2011 11:06)

    >見た目はヤンキー、心は少年のツカサくん
    ありがと!今回はラッキーやったわ>< 俺一人じゃ絶対ここまでできひんかったし!でも折り紙はウケるねんな^^ 是非次回海外行ったらやってみて☆ 一生の思い出になるよ!