タイ最高峰である「ドイインタノン」へバイクで往復5時間!

 

これはなかなかのキツさやった><

行けないことはないと思ってたけど、バイクレンタル代の他にガソリン満タンのところから3回も

交換した。

昨日パットさん家族がバイクをレンタルしていたみたいで、この日の12時までに返したら0円で済むというのと、遅れても1時間30バーツ(75円)が加算されていくだけということで、お言葉に甘えてバイクを引き続き借りることに!ホンマに親切☆

 

 

そして今日はタイ最高峰であるドイインタノンへ!標高2,565mあって、タイ全土で一番高いところ。山の頂上には、タイ最高峰を示す石柱があって、チェンマイへ観光へ来ても知らない人が多いみたい!偶然リーさんから聞いてたことから1人で行ってきましたぜ☆

 

市内から片道約100kmもの距離。バイクで飛ばして片道2時間40分。とにかく長かった。まだ着かへんのかと10回くらい思った。それに原付の110ccやから、山道を上るスピードが遅い遅い。。その分馬力も使うからガソリンの減りもめっちゃ早い>< それに頂上辺りになるとめちゃくちゃ寒くて、半袖半パンの上にシャツを羽織ってでも凍える。気温はわからんけどおそらく日本の2月くらい寒い。これホンマに寒くて、体全身震えが止まらんかった。

 

頂上でカップ麺を食べたけど、カップ麺を持つ左手と箸を持つ右手が交互に震えすぎて普通に食べることができなかったくらい。

 

 

"The Highest Spot In Thailand"(タイで一番高い場所)

 

きちゃいました^^でも、寒い!寒すぎて両足がしびれて、ちょっとの間動けんかった。そんくらい寒い。Tシャツとか半パンとか寒さが貫通する。隣の外人ゴアテックス(風を通さない冬山で使用するようなゴツいマウンテンジャケット)着てたよオイ!

 

 

頂上部の木々はコケに覆われて、モスフォレストと呼ばれている。そのモスフォレストの中に木道があり手軽な散策を楽しめます♪

 

 

雲がこんなにも近い!近いから雲の動きがリアルにわかります♪

 

 

山頂から少し降りたところに、現王ラーマ9世とシリキット王妃の為に建てられた記念仏塔(通称ツインパゴダ)がある。この仏塔の中には、大理石で造られた仏像が奉られており、王妃様の仏塔の内壁にはお釈迦様の歴史物語が彫られている。また、周りは庭園になっており、色とりどりの花々が一年中咲き乱れている。

 

↑コレ全部コピペ\(^0^)/

 

 

この先、全てが絶景!!!!!!

 

 

この庭園もめっちゃ神秘的!すぐ先には雲と素晴らしい景色に囲まれているんですもの〜!!!

 

 

そしてこの山は景色や展望スポットだけでなく「滝」がスゴいことでも有名!

 

「スゴい」と言われる2つのうち1つはコチラ。

 

 

微妙やのおおおおう!!!

 

ただ、もう一つのところはホントに圧巻!!!

 

 

これは圧巻!!デカいし激しい!そばに寄ると水しぶきで体全身びしょ濡れになる!

 

 

めっちゃ綺麗な虹☆運が良ければ滝のそばに虹ができて、それはもう滝と虹のハーモニーが素晴らしいみたい。。あぁ〜、見たかった!!

 

で、また来た距離を飛ばして宿へ到着。朝に宿を出たのが7時半で、着いてから合計2時間くらいしか観光していないのに宿へ着いたのは夕方の5時。もうヘトヘト。。。それでもこの場所は行ってホンマ良かった!絶景、雲、緑、森、滝。全てがそのまま置かれていて、チェンマイで唯一自然を体で感じることができる場所、オススメ*

 

少し仮眠を取り、ティンカと遊んで4人でご飯に行きました。

そして今日は就寝。

 

いよいよ明日はこの家族とお別れ。そして長かったチェンマイともお別れ。チェンマイはまぁ良いとして、ティンカやパットさん、ミキさんと別れるのが嫌でたまらん。まだまだチェンマイいたいし、なんなら一緒にこれから過ごしたいくらい。それくらい居心地が良かった。自分の悪いところなんか分からんけど、すごく感情移入してしまうところがあって、落ち込むと立ち直るのに時間がかかってしまうことがある。今回は完全にそのパターン。もうやられそう。

 

まぁ今日はとりあえず寝てみます。どうか3人の夢を見ないように。。。

 

11/7の出費

〔食費〕カップ麺 63円

〔食費〕昼ご飯 125円

〔食費〕ロッティ 50円

〔食費〕晩ご飯 150円

〔観光〕ドイインタノン入場料 500円

〔観光〕ツインパゴダ入場料 100円

〔手数料〕バイク 225円

〔手数料〕ガソリン 475円

〔宿泊費〕1泊 143円

【合計1830円】("""""3""""")

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                                                       双子に出会うと、「以心伝心って本当にあるの?」って一度でも聞いたことがある人はクリック!