ロンドンの小学校→門前払い。

 

ロンドンの今日の最低気温は−3℃。むちゃ寒いです。

 

 

インドと打って変わってこっちは雪景色( 3 )

 

 

さて!今日は朝から小学校を3校いくことに!!

 

ただロンドンって現地語が英語なだけあってめちゃ緊張する。。

英語圏以外なら英語初心者な自分でもタフに接する事ができたけど、ここではごまかしが効かない分しっかりした英語じゃないと。。

 

でもここまで来たしいくしかないかと気合いを入れて訪問!

 

 

まず1校目は、宿から徒歩15分くらいにあるところ。

着いたのが休憩時間ということもあって、小学1年生くらいの子どもたちがこんなにも寒いのに元気にはしゃいでました。

よく見るとほとんどが黒人の子たちばかり。なんか複雑な気持ちになる。。

 

ここは先生がおらず、いくら呼んでも来ない。インターホンすらなかったから仕方ないかと退散。また近くの小学校へ行くことに。

 

 

2校目は茶色のレンガでおしゃれな小学校!

 

 

こーーーんなにも高い壁乗り越えられるかな♪

 

この学校も1校目と同様、外で子どもたちが遊んでいた。この小学校は白人、黒人、インド系の子どもや世界中から子どもたちが集まってる様子。遊んでる様子をただただ見るだけでも良かった。

 

そこで先生が来てくれた。→交渉。プリーズ。無理。

 

やっぱりセキュリティが厳しいらしい。写真も絶対ダメって。

それでも子どもたちの遊ぶ様子だけでもと塀の外から約30分くらい見てた。先生もそれならokって。

が、ここで首元にガッツリ刺青をした黒人の責任者らしき人が近寄ってきた。

ちょっと恐かったけど、学校へ来た旨を説明。

 

すると、

 

「そんなに長く見るのはやめてくれ。今すぐ立ち去りなさい。今すぐ。」

 

やってさ。

確かに仕方ないし俺が悪いかもしれんけど、、、悲しくなった。まぁ怪しいのも分かるけど、いくらなんでも冷たすぎやろー。これが白人やったらどうやったやろうって思ってしまうし。

 

 

切り替えて3校目。お城か!

 

 

ここもこんなに高い壁が!

この学校の玄関近くにトップの画像であるポスターが貼られていた。

 

「KEEP DEATH OF THE ROAD」(死の道から守れ!)

 

って意味やと思うけど、やっぱりロンドンも物騒なんやなぁって。こんなポスターが堂々と貼ってる学校に入れるわけないじゃんと思いながらも、インターホンで交渉。とりあえず受付に来てくれとの事。

 

 

これが校内で唯一撮る事ができた最後の一枚。結果、無理やった。

 

やっぱりセキュリティがめちゃくちゃ厳しいんやって。おそらく日本以上。

まずこの3校とも、ロンドン中心部から結構離れててもっと緩くていいはずが、全ての門に鍵がぎっしり。遠隔操作で開錠するしくみで、不審者を一切いれないよう細かく工夫されていた。

当たり前といえば当たり前。無理なんは最初からわかってた。

最初は折り紙教えれたらイイナとか思ってたけど、塀の外から子どもたちを見るだけでも御の字やったんかって今は思う。

でも収穫ゼロなんは悲しいし、断られるとショック。せっかく折り紙いっぱい折ったし授業計画もしてたのにー。残念、無念。ホンマ無念。。

 

 

まぁ切り替えないと!!明日の早朝(6時半)の便でノルウェーへと向かう!

そんで初カウチサーフィン(ホームステイさせてもらう)!!

ノルウェーという国、ホスト(泊まらせてくれる人のこと)、観光、小学校、どれも楽しみ!!

 

今日は残念やったけど、パッと切り替えていこーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                                                      「先生が刺青ってアリなん?」って思った方はワンクリック!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    とある飛行士への追憶 (土曜日, 11 2月 2012 17:02)

    まじで頑張れよ!!!

  • #2

    tsuriboy (日曜日, 12 2月 2012 02:46)

    頑張っとる!