船→列車→ロバニエミ!

 

キリスチャンとの別れは思ったよりも辛かった。

本当に色々してもらったから寂しさがあった。またいつか会いたいって思うし、絶対恩返しする。

 

 

見送られた後、ターミナルへ行き約30分待った。すると、ヘルシンキ行きの乗船許可が出て、観光客や帰国する人と思われる白人たちがぞろぞろと船内へ入って行った。

 

 

VIKING LINE

 

北欧間の移動を得意とするフィンランドの大手船会社。ストックホルムからヘルシンキ(フィンランドの首都)まで約5000円。結構安かったのであんまり期待しなかったけど、いざ間近で船を見るとめちゃデカい。

 

船内にはカフェやレストラン、バー、カジノ、ゲームセンター、免税店、広々とした共同スペースなど、乗船客を飽きさせない。

広すぎてどこがどこやらわからんくらい。もちろんフリーWiFiもあってインターネットもできる。

 

 

最安の部屋で広いベッドにタオル付き。

 

 

各部屋にトイレとシャワーがついているというリッチさ☆

 

 

晩ご飯を食べようとぶらつくと、ビュッフェ形式のレストランがあった。

 

大人33ユーロ(約3500円)

 

→免税店で買った300円のポテチで今日の晩御飯をまかなうことに。(300円でもたけぇよ)

 

 

 

そんで早めに就寝。起きた頃にはヘルシンキへ着く30分前やった。

慌てて準備をしてロビーへ行き、無事ヘルシンキへ到着。

 

今回のホストは日本人の方。そのお方の家までトラムという路面電車を使用して行く。

ノルウェー、スウェーデンでは地下鉄が主流やったけど、フィンランドではこのトラムが主流なんだそう。

 

約20分で到着。待ち合わせの時間まで少し時間があったので、向かいのカフェで時間をつぶし、待ち合わせ場所に。

 

今回お世話になるのはヤマトさん。フィンランドで寿司職人をされている方。武道を幅広くされてて、筋肉もりもりの方。このお方もめちゃ親切。初対面なのにスペアキーを預けてくれた。鍵だけでなく信頼も失くさないよう大切に保管させていただきますっ!

 

(' ')

 

 

ヤマトさんはお仕事のため、合流して早々に部屋を出た。

 

僕自身もヤマトさんの家に着いたものの、今晩の列車でロバニエミへ行くことに。

ロバニエミとはサンタクロース村があるのと、の観測スポットとして有名な場所。あと世界最北のマクドナルドもあるんですネ。

 

 

出発まで友人とSkypeをして、キッチンをお借りして晩御飯をちゃちゃっと作って出発!

 

 

12時間かけてフィンランド北部、ロバニエミまで行ってくるぜ!!!!

 

オーロラ観させてっ☆頼むーーーーーーー!

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                                                       カルボナーラ美味しそう?→クリック!