両足を取り戻したポーランド

 

 

ポーランドの首都、ワルシャワ。

1939年のポーランド侵攻により、ドイツ軍とその同盟軍であるスロヴァキア軍が、続いてソビエト連邦軍がポーランド領内に侵攻され、激戦区となった地域でもある。その為第二次世界大戦後は、ほとんどの建物が崩壊し、廃墟と化していった。その後、ワルシャワの人々は、「煉瓦のヒビに至るまで」、戦前の町並みを完全復元した。復元された旧市街は”破壊された13世紀から20世紀に至る歴史ある町を再建した初めての卓越した事例”と評価され、1980年に「ワルシャワ歴史地区」としてユネスコの世界遺産に登録されている。http://karapaia.livedoor.biz/archives/51966232.htmlより)

 

 

上の動画はワルシャワの崩壊後をCGで再現したVTRである。当時の様子を鮮明に再現されており、世界中で話題になった動画。「崩壊」という言葉にこめられた現実は生々しく、あまりにも悲惨なもの。

まだ浅い過去にも関わらず、丁寧にパズルをはめ込むように修復され、世界のワルシャワとまで前進した大都市はあまりにも美しく、輝いていた。そんなワルシャワの街並みをどうぞ!

 

 

これぞ世界遺産の街と言っても過言ではない。誰もが美しく感じると思う。

一本一本の道に重みと歴史が感じられ、ゆっくりと丁寧に歩いてしまう。カラフルで懐古的な建物の中はんな造りになっているのやらと入ってみたくなるくらい。街を歩けば歩くほど心が躍る。

服装がださい自分でもおしゃれな気分にさせてくれます♪

 

 

今回はホストのエミルにワルシャワ市内を案内してもらった♪

エミルはワルシャワ大学に通う超優等生!試験前やのに泊めてくれて、一緒に観光にも行ってくれて、本当に親切な方・・・。世界には親切で心優しい人がいっぱいいるんやなーーーって思います^^*

 

 

お昼ご飯は大学内の食堂にて♪

これがまたウマい!

 

 

エミルはちょっとおちゃめです^^

ちなみに日本語や語彙力は負けてるんじゃないかというくらい上手。言動で人の賢さってここまで分るんやねってくらいの秀才です。笑

 

 

そして最後の観光地は今年行われるEURO2012の舞台となるスタジアム。そうです、今回はポーランドでの開催!!でもまだ建設中で、EUROの雰囲気はまだまだ先になりそうかな?街もあんまり宣伝していないみたいやし・・・。

 

いやーー。

とにかく素晴らしかったワルシャワ。ホントはワルシャワよりもクラコフの方が良いっていろんな旅行者は言いますよね。でも時間ないのだっ!

ってことでクラコフはまた今度に><でも近い将来、ポーランドへはもう一度行きます!クラコフ待ってろ!!

 

ありがとうエミル!日本で、またどっかで再会しよな☆