活気溢れる街、ブダペスト!

 

ミラノから飛行機で2時間、ハンガリーのブダペストへやってまいりました!!

 

今回もカウチサーフィンでホストのお家へ♪

 

空港からバスに乗って中心部まで行きたかったけど、どのバスが中心部へ行けるかが分からない。ちょうど隣にいた人に聞くと、偶然彼も近くの駅に行くとのことで、案内してもらった。彼はハンガリーの大学へ通うドイツ人。なんとバスと電車、どちらの切符も奢ってくれた。どんなけ親切!!ありがとね!!

 

彼のおかげで無事ホストの家の最寄り駅まで来ることができた。教えてもらった住所を頼りに徒歩15分。無事到着!

ハンガリーのホストは台湾人のデービー^^彼女は台湾政府から派遣されてブダペストに来てる凄い人です。笑 ちなみに日本語堪能、おそらく天才です。

 

 

早々に家を出てブダペスト市内を観光♪

 

 

この「ゲッレールトの丘」はブダペスト市街地を最も美しく一望できる場所と言われている。

 

ゲッレールトの丘は、平地の多いハンガリーには珍しい235mの丘で、ゲッレールトという聖職者が異教徒の反乱で、樽に詰められてこの丘から投げ込まれたことに由来する。
またゲッレールトの丘には、女神像がたっているが、これはナチス軍からハンガリーを解放したソ連軍兵士の慰霊碑として建てられたものである。
当時は女神像の下にソ連軍兵士の像もあったが、現在では撤去され、女神像だけが残っている。

 

http://www.ryoko.info/budapest/003budapest.html


 

市内中心を流れるドナウ川を挟んで、西側のブダ地区は丘の上にブダ城や要塞があり、政治的・軍事的拠点なのに対して、東側のペスト地区は経済的拠点だったそう。その両側を一本のくさり橋がつないでいる。


 

こっちが政治側で、

 

 

こっちが経済側^^

 

 

そしてこれがくさり橋!ブダペストのでも有名な観光地の一つである。

くさり橋は昔からブダ地区とペスト地区を結ぶ重要な橋で、ドナウ川に架かっている。くさり橋の歴史は古く、1849年に架けられた。くさり橋の上から、ブダ地区、ペスト地区、ドナウ川を鑑賞する贅沢な気分を味わうことができる♪

 

 

ここは13世紀半ばに建てられたブダペストを代表する建物であるブダ王宮。丘から展望した際に一番に目につく大きな宮殿でもあって、かなり上品な建物ですよ♪
王宮は2度破壊されているみたいで、現在は完全に修復されています。

 

 

王宮を出て適当に歩いていると、でっかい教会発見!!

 

 

また内装の造りが凄い!!

 

 

日も暮れてくさり橋のライトアップを観に行ってみる!

くさり橋のライトアップは、その美しさから「ドナウの真珠」とも言われているんだそう!

うん、きれいね!!なかなかもんです^^

 

 

今日は朝からずっと歩き回って、ちょっと疲れたのでデービー宅へ帰ることに♪

 

明日はどこへ行こうか♪♫ブダペストは静かでいいですね〜^^